BTSライブでおなじみグッズ「アミボム」を100均で材料を買って作ってみた!

アミボムBTS

どうですか?これ?(笑)
本物のアミボムみたいに見え…ない?
実は100均で作ったアミボム風‼のキーホルダー(^▽^)/
ちゃんと電気で光る優れもの‼

本物はこちら↓
アミボム出典:Weverse SHOP

 

アミボムとは…
「BTS」のライブ会場で色んな色に光るペンライトを持っていると思います。
そのペンライトがアミボム=「ARMY BOMB」と言います。
今やアミボムなしでライブに行く方が浮くといわれるほど売れに売れまくってる‼

 

そのアミボムを自宅で作ってみようと100均へGo!!

 

 

材料をそろえよう

材料

 

●樹脂粘土(黒色、赤色)
●ミニマムライト(作る分)
●シールちよがみ(おりがみの大きさでシールになってる)
●ビーズ類(今回はラウンドビーズ/大きさが合うもの)
●クラフトベース
樹脂粘土が1店舗で色が揃わず…黒が置いてあるところには赤がなく…赤が置いてあるところには黒がなく…
結局2店舗ハシゴしました(笑)
無事購入できました。

ビーズは色々な大きさのものだったり形があると思いますが、
クラフトベースの入れる口の大きさ(直径)に合うものを選びましょう。直径より大きいのを選んでしまうと入らないことになって結局勿体ない。今回は4㍉のビーズにしました!!大きさはジャスト!!だったように思えるので4㍉くらいで探すとGood!!
ビーズじゃなくてもキラキラしたものでもいいかもしれませんね。

いざ作ってみよう

 

 


↑まずこの帽子のような形の部分を作って行きます

①樹脂粘土

帽子のようなものはこちらの手芸用の樹脂粘土で。

手芸用って書いてあるけど、こどもの粘土とか売ってるコーナーに置いてありました。

この樹脂粘土、本当に少ししか使わないのでminiアミボム風をいくつか作るか…
他に使う用途があればイイのですが…なかったらほとんどが無駄になってしまいます。

 

クラフトベースというものに付属の部品が入ってあり
その付属部品がちょうど作りたいものと一致していてそれに樹脂粘土をつけていくver.か…
はたまた樹脂粘土を使って自作したver.か…迷いました…。

結局はせっかくならと…
自作ver.で今回はいきましたが、どちらでもいい感じになると思います。
自分で作ったやつの方が少し小さめになりました。

 

 


次に白いライトが光る部分を作ります。

 

 

②クラフトベース

次にクラフトベースの中に入れるビーズ。
きっと何でもOKだと思いますが今回はこのラウンドビーズで作ってみました
今回約4mmのものを使いました。大きさはJUST!!だったので
このくらいの大きさのものを使うようにしてもらえればOK!だと思います。

③接着

接着剤をライトのところにつけて
クラフトベースとライトの部分をくっつけます。

今回用意した接着剤は「SUPER Xクリア」
かなり頑丈なので、よく使ってます。
…しかーし‼今回用意したSUPER X…
すぐに固まらない。
接着剤を付けてくっけようとすると手がスルスル滑っちゃってクラフトベースの色んなところに接着剤がつきまくって汚くなってしまい…中止‼
今回のアミボム作りにはあまりおすすめできません。
そして結局、今回使った接着剤はこれだ!
やっぱりアロンアルフア!!(笑)
これはすぐにつくから、すんなり成功!!
おすすめです!

④シールちよがみ

 

クラフトベースとライト部分が接着できたら
シールちよがみを使って
ロゴを作って張り付ける。
このロゴ作りはシールちよがみを半分に折ってカットすると
対称的になりロゴも簡単に作れます。
(私はネットでロゴ検索し、見ながら自分で適当にカットしました)
①の時に作った、樹脂粘土の部分もアロンアルフアでくっつけました。
アロンアルフアがやっぱり一番付けやすかった!
最後に本物のアミボムと同じように
クラフトベース部分(ライトが光る部分)にも同じようにロゴを作って張り付けて終わり!!
「BTS」アルファベットは小さすぎて断念しました(笑)
アルファベットのパチッと形ができるやつとかがあればよかったなぁ~

⑤完成!!

ライトオン!!
どうですか?
っぽく見えるし、これはこれでめちゃくちゃ可愛くないですか?

 

ミニチュアサイズでキーホルダーにもなってすごく可愛い仕上がり!

何よりも100均でそろえる事ができるのでローコストで完璧‼

ARMYの方はもちろん、BTSが大好きな方ぜひぜひ~!!
結構短時間で作れましたし、机の周りが汚れて大変になるわけでもなく…
小さい子どもがいる我が家では、小さい子どもの手が届かないところで作る‼落ちないように気を付ける‼で‼

是非、コロナの中おうち時間で作ってみてはいかがでしょうか?

コメント

error:Content is protected !!